斎藤 奈津子
内科医
医学博士

  • 斎藤 奈津子内科医医学博士
  • 斎藤 奈津子内科医医学博士

ENGLISH Information

Physician / Doctor of Medicine
A doctor who disseminates information on preventive medicine, as a woman and as a mother

Born in Ehime. A mother of one. Graduated from Teikyo University School of Medicine in 2006. While at college, selected as a finalist of Miss Universe Japan in 2005, thus instructed by Ines Ligron. Since young, having been fascinated by women who manage both family, private and business, came to think of having a job effective for those women, and tried to become a doctor herself, also influenced by her own father, a physician. While working for gastrointestinal medicine diagnosing, treating, and educating patients, at Tochigi Cancer Center, and Tochigi Saiseikai Utsunomiya Hospital, realized the happiness to live and age healthily as well as the importance of preventive medicine.
Currently, work as a physician and digestive doctor at Preventive Medical Center at St.Luke’s International Hospital dealing with preventive medicine such as the early findings and its enlightenment of lifestyle disease, digestive cancer and breast cancer, and advise patients to know their own bodies well and promote their health.
Also send out information through various media on the theme of “women should first know their own body” and “the link between beauty and health”, and actively involved in giving lectures regarding breast cancer check-up through pink ribbon event held by major cosmetic company, and teaching at beauty events for women with Ines Ligron.


斎藤 奈津子 Natsuko Saito
内科医 医学博士

女性として母として予防医学の情報を発信している医師

愛媛県四国中央市生まれ。1児の母。2006年、帝京大学医学部卒。 医学部在学中に2005年ミスユニバース ジャパン ファイナリストに選出され、イネス・リグロンの指導を受ける。
幼少時より家庭、プライベートや仕事を両立する女性たちに魅了され、その女性たちに役立つ仕事がしたいと考えるようになり内科医の父の影響で自らも医師を目指す。 栃木県立がんセンター、栃木県済生会宇都宮病院 消化器内科勤務にて日々診断、治療、患者教育をしていくうえで健康に年齢を重ねて生きていくことがその人に与える幸福とそのための予防医療の大切さを実感する。
現在は聖路加国際病院附属クリニック予防医療センター 内科・消化器内科医として生活習慣病、消化器がん、乳がん早期発見・啓発などの予防医療に携わり、自分の身体をよく知って、健康増進していくことを伝えている。
また、『女性自身がまず自分の身体をよく知ること』『美と健康のつながり』をテーマに様々なメディアを通して情報発信しており、大手化粧品会社におけるピンクリボンイベントでの乳がん検診に関する講演やイネス・リグロンとともに女性向けビューティーイベントで講師としても活躍している。

【資格】
・日本内科学会総合内科専門医
・日本消化器内視鏡専門医
・日本消化器病学会専門医
・日本内科学会認定内科医
・抗加齢医学会専門医
・日本がん治療認定医機構認定医

<専門分野> 内科 / 予防医学
※博士論文「難治性大腸癌のKRAS遺伝子変異に関する研究」


WEB
・<アプリ>週刊GEORGIA 男の曲がり角クリニック 連載(2014/2-2014/4)
・オーストラリア・マカダミア協会「マカデミアナッツ インナービューティ」
http://www.iikotomitsuketa.jp/beauty_style/ines_beauty/

MAGAZINE
・SPRiNG 『夏の疲れレスキュー隊!』(2014年10月号)NEW
・VoCE 『私の一生モノ♡コスメ」教えます。』(2014年8月号)
・GINGERムック本 『美しき女医たちのやせる生活完全ガイド』 表紙 (2013年 1月)
・GINGER 『美人女医 秘密のダイエット』 (2012年 9月)
・週刊ポスト『美人女医 秘密のカルテ』(2012年 5月)
・Pen No229 『いま男が知っておくべき、女性ファッション最前線』 (2008年 9月15日号)

EVENT
・渋谷表参道WOMEN’S RUN  ゲストランナー出走 omron式美人マラソン部(2014年 3月)
・乳がん啓蒙プロジェクトHAPPY BATON against 1/14 『第1回 日本おっぱい会議』トークショーゲスト(2013年11月)
・『Ines style』 美と健康について (2013年 5月)
・AVON pink ribbon イベント 乳がん検診について (2012年 10月)
・カンボジアの自閉症のこどもたちへのチャリティー『TOKYO BEAUTY TALK』(2012年 9月)